キトサンオリゴ糖

2018年1月18日

大豆オリゴ糖やフラクトオリゴ糖等と波多野結衣 無修正比べると知名度はそれほど高くはありませんが、「キトサンオリゴ糖」も一定の知名度を持っているオリゴ糖です。
まず、名前の「キトサン」の部分に目がいく人が多いでしょう。
キトサンは、近年多くの健康商品で使用されている成分なので、その知名度は高く、結果的にキトサンオリゴ糖にも注目が集まるようになってきています。

キトサンは、カニやエビの外骨格に含まれている成分として有名です。
正確には、これらの中の「キチン」という物を煮沸処理する等して、アセチルと分離させる事で生成されます。
とはいえ、大抵はキチンとキトサンはセットでみなされる事が多いものです。
実際、オリゴ糖においても、キトサンオリゴ糖だけではなく、キチンオリゴ糖も存在し、これらはセットで扱われます。

キチンオリゴ糖は、キチンを加工する前の段階で原料としているオリゴ糖です。
製造方法は、酸分解、もしくは酵素分解を用いており、まずはカニ、エビなどの外骨格からカルシウムやタンパク質を取り除く事でキチンを生み出し、このキチンおよびキトサンを酸分解、酵素分解する事で各種オリゴ糖となります。
生成されたオリゴ糖は難消化性で、他のオリゴ糖の性質同様、腸に良いとされています。

また、キトサンを原料としている場合はキトサンの性質をそのまま受け継ぐため、抗菌作用も期待できます。
しかし同様に欠点も受け継ぎ、大量に摂取してしまうと栄養素の吸収を妨げる恐れもあるので注意が必要です。

コメントはまだありません

コメントは受け付けていません。